ザイロリックで痛風撃退   >   ザイロリックについて考える

ザイロリックについて考える

ザイロリックについて

「ザイロリックって何だろう?」と、ふとザイロリックについて考えてしまうなんとことはないだろうか?

「はい、考えたことあります。」と答える人など、ほとんどいないでしょう。

過半数以上か6割から7割の方が「ない」と答えるに決まっています。

「ない」という答えを聞くと、少し寂しくも感じるのですが、これがザイロリックの正常な回答比率だと思います。

しかし、この回答比率が逆転する現象が起こるとすると、どうなるでしょうか?

「ない」と答える人が減り、「はい、考えたことあります。」と答える人が、過半数強を占める状態になるのです。

もし、このような回答比率に逆転してしまうことが、現実に存在してしまうと、かなり危ない状態であることを認識する必要があります。

そして、そのような状態が現代なら起こりえる可能性があることを分かっていますか?

事実、現代の生活環境は、急激に楽で便利な生活へと変貌を遂げていっています。

楽で便利な生活と言えば聞こえはいいものの、視点を変えてみれば、その楽で便利な生活は、健康な体を蝕む目に見えない病気そのものです。

階段で上り下りをするのが当たり前だった時代から、楽さと便利さを求めてエレベーターに変わり、近場のコンビニにはバイクか車を使いと、生活で消費するエネルギーの量は、楽さと便利度に反比例して減少していきます。

その為、1日の消費エネルギーは減少していき、おいしくなった食事の摂取エネルギーは増加して、肥満体形の完成になります。

この肥満体形はのちのち、痛風と呼ばれる生活習慣病大きく貢献して、ザイロリックを使わなければならなくなるのです。

そうです。

ザイロリックとは痛風を予防、又は痛風の痛みの発作を予防する薬なのです。

日常会話で、ザイロリックという単語が当たり前になる時代がこないことを祈っています。