ザイロリックで痛風撃退   >   痛風になる人の共通点

痛風になる人の共通点

痛風

痛風になる人には、様々な共通点があります。また比較的女性よりも男性に多くみられる病気であり、その理由も解明されています。

こちらではその解明結果と、痛風になる人の共通点を記載しております。

1992年に東京女子医大が調査した結果、痛風である女性が1割弱であるのに対して、痛風である男性は98割強といった結果になっています。

過半数どころか、ほとんどの痛風患者が男性であることがこれからもわかると思います。

痛風が男性に多いのにはきちんと理由があり、女性より男性の方が、血液中尿酸値が高いからです。

逆を言うと、女性の方が、尿酸値を溜めにくい体だということになります。

これは女性ホルモンの働きが大きく関与しています。

女性ホルモンは、尿酸の排泄を促す働きがあり、男性より尿酸を溜めこまなくて済むのです。

ですので、女性ホルモンの分泌が減少し始める50代のアラフィー女性と50代男性の尿酸値の差は小さくなります。

痛風になる人の共通点として、一番は生活習慣がよくない人です。

基本、生活習慣がよくない人は、健康的ではなく、他の病気にもかかり易くなっています。

また、痛風である人は、親が痛風である人も多いです。

痛風は遺伝が関連するという報告がされており、親が痛風である場合は遺伝する可能性もあります。

しかし、痛風そのものが遺伝する訳ではなく、尿酸値に影響を与える遺伝子があり、その遺伝子が遺伝する可能性があるという話です。

また、生活環境が似ていることから、痛風になり易い生活になっており、それが原因で発症する場合もあります。