ザイロリックで痛風撃退   >   なぜ痛風になるのか?

なぜ痛風になるのか?

痛風の疑問

突然、足首付近に強烈な痛みに襲われて、患部を見てみると赤く大きく腫れてしまっていて、洋服などがこすれるだけでも激痛が全身に響いてしまう。

このような症状が痛風と呼ばれています。

基本、痛風の痛みが出ているうちは、歩くのはもちろん、起っているのもきつく、かなりの激痛があります。

そして、年々痛風患者は増え続きており、どうして痛風になってしますのか、疑問になりませんか?

また、原因が分かれば、予防策・対処策も取ることができますので、是非参考にしてみてください。

痛風になる一番の原因は、肥満です。

何をやるにも楽を求めてしまった現代の社会では、1人あたりの消費エネルギーが格段にへり、肥満体質の人間で膨れ上がっています。

肥満体質になるには、「運動不足」や「やけ食い」、「お酒の飲み過ぎ」などの生活習慣の悪化や乱れが原因になっています。

しかし、肥満=痛風ではありません。

肥満である方は、健康的な標準の方よりも新陳代謝によって尿酸を排出する量が少なくなります。

それにより、少しずつ血中に尿酸が増えていき高尿酸血症になります。

尿酸を大量生成してしまう病気からなるのではなく、日頃の不摂生が原因で体がなまり排出する効果がよわまることで尿酸が増えてしまうのです。

その不摂生が何年も続き、身体がなまり、尿酸もたまり、それがピークになってはじめて痛風になるのです。

ですので、痛風=肥満を長年続けた人と書く方がよいかもしれません。

上記からもわかる通り、痛風の原因をたどれば長期的な肥満(生活習慣の乱れ)だということです。

普段の当たり前の健康的な生活(適度な食事・適度な運動)を行なっていれば、肥満になることも、痛風になることもないということもできますね。