ザイロリックなどの痛風治療薬
ザイロリックで痛風撃退   >   主な痛風の症状とは?

主な痛風の症状とは?

主な痛風

痛風と言う言葉を聞いた時、一番最初に頭に思い浮かぶのは「そよ風が吹いてきただけで痛がる」と言ったイメージではないでしょうか?

痛風は、高尿酸血症とよばれる血液中の尿酸値が非常に高い状態が、長期的に続くことで進行していく病気になります。

女性と男性の痛風患者を比べた場合、圧倒的に男性の痛風患者が多くなっていますが、高齢の女性の痛風患者もみられるようになってきました。

実際に、このような症状になってしまった場合、どのような症状が表れるのでしょうか。

痛風=急な激痛と考えてもいいかもれません。

痛風発作で起こる痛みは、名前からもわかる通り、発作のように突然襲ってきます。

発作が起こると、主に足の患部が赤く腫れて、この世のものとは思えないほどの激痛が走り、足を動かすこともできないでしょう。

痛風患者の中には、痛風発作の痛みを骨折と間違う方もおり、骨折だと勘違いさせることの痛みだということです。

一番多い症状の例としては、足の親指付近(付け根)が真っ赤に腫れて痛くなる事が多くあり、初めて痛風発作が起こったという人のほとんどが、この足の痛風です。

また、この腫れや痛みが表れる箇所は、親指の付け根だけでなく、足の甲や、足首、膝の関節、症状が悪化していくと手にも症状が表れます。

このような痛風発作にも、しっかりとした前兆や兆しはありますが、個人差により感じていない人もいるようです。

足の指のむずむず感や、関節が動いている感覚、靴を履いて歩いているのに履いていないように感じる人もいるようです。